美味しいLUNCHの作り方【ボディ搭載編】

1/10のビッグフットマシンと見紛う姿
1/10? いいえ、1/36なんです。

1/36 ランチボックスついに完成!

前回の【ホイール加工編】では、micro-LUNCHのキモであるホイール換装までの手順を紹介しました。

美味しいLUNCHの作り方【ホイール加工編】
美味しいLUNCHの作り方【ホイール加工編】
TEAM LOSI の1/36スタジアムトラック「Micro-T」をベースに、タミヤ ワイルドミニ四駆のランチボックスJr.のボディを被せたミニミニビッグタイヤマシンが完成! その名も「Micro-LUNCH」。ここではその作成方法を公開。ビッグタイヤ化のキモである、ワイルドミニ四駆ホイールの加工について解説しています。

ここまでくれば、あとは加工済みのホイールをmicro-Tのシャーシに装着するだけ!

と喜んだのも束の間、思わぬ落とし穴が…。

【ホイール加工編】で何度か触れたように、ワイルドミニ四駆のホイールには中央に大きな凹みがあります。

ホイールをシャーシに留めるためには、写真のようにその凹みの中までホイールナットを締め込まなければいけません。

が!

ナットを回すソケットレンチが凹みに入らないのですっ!!!!

いや~ん、ソケットレンチってば大きすぎるぅ~♪

などと嬌声をあげている場合ではありません。

ヤスリで削って凹みを広げてやることも考えましたが、それでは仕上がりが不細工になる可能性大。

なので、その辺に転がっていたミニッツのパーツにくっついてきたレンチをカッターでザクザク削って…

専用のレンチを作ってしまいました。

これでホイールナットの締め込みもOK!

こんな感じでシャーシ完成です。

さて、ここからが本題。

完成したこのシャーシにワイルドミニ四駆のLUNCH-BOX Jr.ボディを搭載していきます。

ワイルドミニ四駆の組み立て説明書を見ると、ボディはシャーシサイドのでっぱりとボディサイドのでっぱりを重ねて、ステップのようなパーツで挟み込んで固定する方法のよう。

なので、この純正の固定パーツを流用したボディ搭載の方法を考えました。

ミニ四駆のシャーシ部分の代わりに1.5mm厚のプラ板をボディと一緒に挟み込んで、そのプラ板とシャーシをマジックテープでくっつける、という荒技です。

まずはミニ四駆シャーシから型紙を起こして…

それを元にプラ板を切り出して固定パーツを作ります。

で、それをボディに装着。

あとはこのパーツとシャーシのアンプケースにマジックテープを貼って、くっつけるだけ。

ちなみにアンテナパイプはアンプケースの穴を広げて装着しました。

micro-Tはノーマルだとパイプなしで、アンテナコードがダラ~ンと垂れている状態なので…。

さてさて、これで見事にボディ搭載完了となりました。

ジャジャーーーーン!!

この勇姿!

今回の搭載法では勢いボディの位置が高くなるため、まさに本家ランチボックスの雰囲気そのまま。

micro-LUNCHではさらに本家を再現するため、ワイルドミニ四駆に付属のウイリーバー部品を加工して、ウイリーバーを付けてやることにしました。

このワイルドミニ四駆用のウイリーバー、先っちょがただ丸くなっているだけで、ローラーとか付いてないんです。

なので今回はバクシード用「16mmベアリングローラーセット」というのを2×16mmのビスで留めてローラーにしています。

あえて重いベアリングを使用することで、ウイリーしやすくするという狙いもあるんですよー。

ちなみにウイリーバーはボディ搭載パーツを切り出したプラ板の余りを使って固定用のパーツを作り、ボディの裏側に両面テープで貼付けてあります。

といったところで、3回に渡ってお送りしてきました「micro-LUNCH」の作り方もこれにて終了!

micro-Tをお持ちの方は、ぜひチャレンジしてみてください。

そのファニーな走りに、きっと虜になりますよ~♪

↓今回紹介したアイテムを入手する↓

■LOSI Micro-T RTR

Amazon | Losi 1/36 Micro-T Stadium Truck RTR - Red ラジコン (並行輸入) | ラジコン・ドローン 通販
Losi 1/36 Micro-T Stadium Truck RTR - Red ラジコン (並行輸入)の通販ならアマゾン。ホビー, ラジコンの人気ランキング、レビューも充実。最短当日配送!

■ワイルドミニ四駆

Amazon.co.jp: ワイルドミニ四駆
Amazon.co.jp: ワイルドミニ四駆

■バクシード ベアリングローラー関連

Amazon.co.jp: バクシード ベアリング
Amazon.co.jp: バクシード ベアリング
(文責:編集長 U.K.)