中国製クローラー Pangolin Crawler 改造計画!

アルミサーボプレート
はるばる中国からやってきたオプションパーツたち。

Pangolin Crawler改造パーツ、続々着弾!

以前公開した下記記事で、中国製クローラー Pangolin Crawlerの改善ポイントについて挙げてきました。

中国製クローラー Pangolin Crawler 到着!
中国製クローラー Pangolin Crawler 到着!
クローリングをやってみたいが金はない! そんなすべてのRCファンの希望を叶えるかもしれない中国製クローラー Pangolin Crawlerの、ファーストインプレッションをお届け。
中国製クローラー Pangolin Crawler 早朝のシェイクダウン!!!!
中国製クローラー Pangolin Crawler 早朝のシェイクダウン!!!!
クローリングをやってみたいが金はない! そんなすべてのRCファンの希望を叶えるかもしれない中国製クローラー Pangolin Crawlerの、シェイクダウンの模様をお届け。

その内容は

  • 最小回転半径が大きすぎる → 4WS化
  • スピードがめっちゃ遅い → 高回転モーターに換装
  • プラ製プロペラシャフトが脆そう → 金属製に換装
  • 重心が高くてコケまくる → タイヤに重りを仕込む
  • タイヤとボディが干渉しまくり → ワイドトレッド化

などなどなど。

それを受けまして、ひとまずメーカー正規のオプションパーツやアマゾンに売ってるアイテムでなんとかなりそうなところはモノを注文してあったのですが、それらが続々と手元に届いております。

まずは4WS化関連。

HSP純正のサーボリンケージ。これはエアクラフトさんで購入。

ハイぺリオンのハイボルテージデジタルサーボ×2個。こちらもエアクラフトさんで。

ここまでは、九州の「エアクラフト」さんで買えたので4~5日ほどで届いたんですが、ここからが大変。

サーボを載せるサーボプレート、探しまくって中国の業者さんがAmazonに出品しているものを発見。

エアクラフトさんで欠品のため、Amazon経由で中国から届いたサーボプレート。

届くまで約2週間

でもまぁ早い方でしたけどね。

しかもこの商品、なぜかこんなカタチで販売してたんです。

Amazon | Mxfans 2個入れ アルミ合金 180010 180011 サーボプレートサーボマウント/ワット+犬用の骨 HSP RC1:10ロッククローラークライミングレーシング 94180 (オレンジ) | おもちゃ | おもちゃ 通販
Mxfans 2個入れ アルミ合金 180010 180011 サーボプレートサーボマウント/ワット+犬用の骨 HSP RC1:10ロッククローラークライミングレーシング 94180 (オレンジ)がおもちゃストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)...

そう、ちょうど買おうと思ってた金属製のプロペラシャフトとセットだったんですよ。

ラッキー♪

なぜかサーボプレートとセット売りされていたアルミプロペラシャフト。願ったり叶ったり♪

これでひとまず、4WS化には着手できそうな感じ。

続いてモーター。

こちらは手持ちのモーターでなんとかできれば。

で、出てきたのがコチラ。

ラジコンパーツBOXから探し出したストックモーター。

タミヤのスーパーストックTZモーター。

たまたま図書館で借りてきた「タミヤRC 40年間の全記録」によると、トルク型ながら回転数は26500rpmという、ノーマルモーターの約1.8倍の高回転モーター。

どの程度の変化があるか、楽しみです。

モーター換装は、4WS化のときに一緒に作業しちゃった方がよさげですね~。

ちなみにタイヤの重りとワイドトレッド化は、アイテムがまだ届いていないのでまた今度。

ワイド化するための延長アダプタはアマゾンで注文済みなんですけどねぇ。

Amazon | アルミホイール六角ハブm12 12ミリメートル、m30 30ミリメートル延長アダプタ× 4長くコンバイナカプラ用1/10 rcカーメタルアップグレードパーツhsp scx10-Yellow 部品交換 | おもちゃ | おもちゃ 通販
アルミホイール六角ハブm12 12ミリメートル、m30 30ミリメートル延長アダプタ× 4長くコンバイナカプラ用1/10 rcカーメタルアップグレードパーツhsp scx10-Yellow 部品交換がおもちゃストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く...

こちらも中国からの~んびりやって来ているようです。

次回は4WS化&(少しだけ)高速化の記事をお届けしますよ!

お楽しみに~。

(文責:編集長 U.K.)