続・緊急更新! 中国からの荷物が岩手県を経由して返送されそう!!

EMSロゴ
EMSの盲点を突いた詐欺?

通販の業者さんに電話してみた結果

前回の緊急更新の続きです。

緊急更新! 中国からの荷物が岩手県を経由して返送されそう!!
緊急更新! 中国からの荷物が岩手県を経由して返送されそう!!
故意かミスか、それが問題だ 前回の続・中国からの荷物が全然届かないので、EMSの到着までの日数について調べてみた の続報です。 ...

前回のラストで書いた通り、夕方に販売先のRc sendさんに電話してみました。

が!

電話に出んわ…(古い)。

仕方がないので、一旦荷物が戻されるという国際交換局である神奈川県の川崎東郵便局に問い合わせてみることに。

以下、やりとりの内容の要約です。

ワタクシ「中国からの私宛の荷物が、デタラメな住所と宛名で岩手の大船渡郵便局に行っちゃったらしくてですねぇ」

川崎東郵便局「????」

ワタクシ「えーと、通販で買った商品なんですけど、なぜか大船渡に行ったらしく、こちらは愛知県なんですけどね。で、あて所が不明ってことでそちらに返送されてるそうなんですよ」

川崎東郵便局「なるほど。では、お荷物の番号をお願いできますか?」

ワタクシ「R××××××××××CNです」

川崎東郵便局「確認しますね」

ワタクシ「お願いします」

川崎東郵便局「まだこちらには到着していないようですね」

ワタクシ「そうですか。荷物を受け取る方法ってあるんですかねぇ」

川崎東郵便局「そうですねぇ。名宛変更という書式があるんですけど、出荷側から現地の郵便局を通じて、正しい送り先に宛名を変更してもらうっていう手続きなんですけど」

ワタクシ「ということは、通販の業者さんから手続してもらわなきゃいけないってことですよね」

川崎東郵便局「それか、通販の業者さんから新しいものを再度送ってもらって、こちらの荷物は返送するかですね」

ワタクシ「業者さん、電話したけど出なかったんですよ」

川崎東郵便局「とりあえず、荷物をしばらく当局に止め置くことはできますので、そう致しましょうか?」

ワタクシ「あ、ぜひそうしてください。業者さんに名宛変更をお願いしてみます」

川崎東郵便局「では、到着しましたら4月10日まではこちらに置かせていただきますね」

ということで、差出人側で「名宛変更」という手続きをすれば、宛先を変更できるようです。

ちなみにこの手続きはできる国とできない国があるそうで、中国は可能とのこと。

あとは、Rc sendさんと連絡が取れるかどうかになってきました。

ひとまずメールで経緯の説明と名宛変更のお願いをしておきましたが…そもそも詐欺サイトだったら意味ないんですよねぇ。

明日以降も引き続き電話をしてみたいと思います。

また進捗があれば、ご報告しますね!

(文責:編集長 U.K.)