中国製クローラー Pangolin Crawler がやって来た 雅!雅!雅!

Pangolin Crawler Blue 1/10 RTR
これぞ中華の技術力!まさに“これまでの常識を覆す、価格と性能のミスマッチ”(販売サイトより)

クローリングはやってみたい。しかし、金はない!

それはどんなRCファンにも共通する思いなのではないだろうか。

7~8年ぶりにRCの世界に舞い戻ってきたワタクシにとっても、それは同様であった。

ただでさえお金のかかるRC趣味の中にあって、クローリングのマシンは特に高い。キットはもちろんスペアパーツ1個をとって見ても高いのである。

しかし、ワタクシがRCに熱中していた7~8年前とは、世の中のテクノロジーレベルが違うのである。

グーグルのサーバには世界中のありとあらゆる情報が集められ、発達した翻訳エンジンと輸送網は世界をひとつの商店街にした。

ワタクシはChromeの検索窓に「ロッククローラー 安い」「ロッククローラー 価格」など片っ端から入力していった。

そして、どこをどう巡ったのか、私の眼前に1台のクローラーマシンが現れていた。

それがタイトルにもある「Pangolin Crawler」であった。

16,480円でRTRのクローラーが!

まず驚いたのがその価格。

Air Craftさんという通販サイトにて16,480円である。

一瞬、トイラジ?と目を疑う。
(調べていたら、最近はトイラジのクローラーというものも多数販売されているらしく、多くは5,000円~10,000円の価格帯であった)

が、どうやらコイツは本格的な「ホビーラジコン」であるらしかった。

販売サイトの説明によると、

HSPはこだわりぬいた高品質なパーツにより個々の性能を徹底的に磨き上げたマシーンをラインナップするハイパフォーマンスR/Cカーブランドです。 そのHSPがパフォーマンスモーターのメーカーとして知られるグローバルブランドHyperion HK社とのパートナーシップにより、さらなるディテール、フィットメント、スタイルそして高品質なパーツを追求した最強のスペシャルエディションを皆様にお届けします。 HSPはマシーンの製造に低品質な玩具用プラスチックは一切使用しておりません。その性能を支えるマシーンには、高い耐久力と剛性を誇る精密成型グラファイト混合加工のABS素材を使用しており、とくに負荷がかかるパーツにはアルミニウムが使われます。 さらに、限界まで性能を追求するユーザーのため、CNC加工のアップグレード用パーツとオプションのボディーもラインナップしました。 これまでの常識を覆す、価格と性能のミスマッチ。お求めやすい価格に高い可能性を秘めた究極のマシーン。HSP R/Cカーシリーズ、日本上陸!

ということだ。

なにせ「これまでの常識を覆す、価格と性能のミスマッチ」である。

これぞまさに我々RCファンが待ち望んでいたマシンではないか。

気付けばワタクシはサイトのユーザー登録を済ませ、購入ボタンをポチッとしていたのであった。

Pangolin Crawler Blue 1/10 RTR